よく分からない人用xamppを頑張って入れてみた!

どうも。こんにちは。
あまりサーバーには詳しくないですが、
今日はxamppというソフトを頑張って使ってみようと思います。

そのまえにxamppってなんぞ?

wikipedia xamppのページより引用

Apache(Webサーバ)、MySQL(SQLデータベースサーバ)とWebプログラミング言語であるPHPや同目的で使われるPerlの4つの主要ソフトウェアとphpMyAdminなどの管理ツール、さらにSQLiteなど、いくつかの補助的なソフトウェアとライブラリモジュールが含まれている。現在、Windows、Linux、Mac OS X、Solarisで利用可能である。
本来、前述の複数のソフトウェアを個別にインストールする必要があり、非常に手間がかかるが、XAMPPは一括してインストールするだけで、すぐに開発や運用が開始できる。パッケージとしての特性上、個々のソフトウエアのバージョンが必ずしも最新版で揃えられてはおらず、特にドライバモジュールに古いまま更新されていないものが含まれるが、開発用・学習用としては十分といえる。

で、まあよく分からない感じですね。
さっぱり言っちゃえばPC上にサーバーをおったてちまおうぜ!って感じでとらえてもらえば。で、いいよね?不安。

例えば何ができるかといいますと、
phpとかが動くサーバーを仮想で用意して、そこでwordpressとかをインストールしたり出来るのです。
新しいデザインとか、用意したテーマとかを試したり出来るんよ。

それだけかなあ。
開発環境を用意してテストしながら制作できるのが利点かなー。
他にもいろんな使い方があると思うけど、自分の用途はそんな感じです、

インストール手順!

まずはxamppのダウンロードから。
xampp日本語公式
ページ内上部のxamppをクリックして今回入れるのはwindows版なので「XAMPP for Windows」をクリック。

そうしたらwindows版のページに行くのでダウンロードと書いてある下のリンクをクリック。

インストーラ版とzip版と7zip版があるのでお選び下さい。
どれがいいかわからないよドラえもん状態の方は、
その下にある説明をお読み下さい。

今回zipのをダウンロードしてみました。
結構時間がかかるのでなにか他のことをしていましょう。
例えばこんなふうに記事を書いたり・・・。

終わったらサックリ解凍します。
D:\Program Filesに解凍と開設されていますが、
Cでもいいと思います。まあお好きなところにでろりんちょして下さい。
ちなみに自分はEドライブの直下に置きました。

ドライブの直下に入れた人はこれで完了です。お疲れ様でした。
ドライブの直下じゃない人は公式の説明をよく読んでそのとおりにやれば間違いはないと思います。うん。

動作チェック!

ではxamppを起動します。
xamppフォルダの中のxampp-control.exeを起動!

そうしたらコントロールパネルが出ます。

xamppコントロールパネル

ApacheてのとMySqlってやつがRunningってなっていることを確認して下さい。
なってなかったらStartを押すと宜しいです。

なーんかbusyとか下に出て上手くいかないんだよねーって人は、
おそらくスカイプで使っているポートとxamppの使うポートがかぶっていてうまくいかないんだと思います。

スカイプのツール→設定→詳細→接続に使用ポートの設定がありますので変えるといいんじゃないかな。

ブラウザを新しく開いて
http://localhostかhttp;//http://127.0.0.1
にアクセス。

日本語を選んだら完了です。お疲れ様でした!
xamppさんも喜んでお出迎えしてくれています。寂しくないね!

そうしたら左のメニューのステータスをクリック。
現在のサービスのステータスを見ることが出来ます。
開始ってなっているのは正常に動いてて、停止は動いていないサービスです。

特定のサーバーや、アドオンなどインストールできるようですが、
いまいちわからないのでここは思い切って飛ばしましょう!
必要にかられたら各自調べて入れましょう。記事にしてくれたら読みに行きます。ウィンウィンですね。

最新版にアップデートするには新しいzipか7zipファイルをダウンロードしてきて上書きすればいいそうなんですが、
設定ファイルなども上書きしてしまうので、設定ファイルはバックアップなりしてとっておきましょう。

セキュリティにも気を配ることが紳士の嗜みです。
xamppちゃんやマイPCちゃんを守るためにしっかり着けましょう。

公式ページからセキュリティ欠如の一覧を引用します。

MySQLの管理者(root)にパスワードがありません。
MySQLのDaemonが、ネットワーク経由でアクセス可能です。
ネットワーク経由でphpMyAdminにアクセス可能です。
ネットワーク経由で事例(Examples)にアクセス可能です。
MercuryとFileZillaのユーザが明らかになります。

丸見え丸裸。俺色に染め上げようグヘヘとか思ってたらサブちゃんに調教されてしまうようなものです。
しっかりお洋服を着せて(半裸の方が好きです)お家にもしっかり鍵を取り付けましょう。

左のメニューのセキュリティをクリック。
文字化けしてたら、ブラウザの設定でエンコードをs-jisにすれば読めると思います。

ページが見れたらページ中央http://localhost/security/xamppsecurity.phpをクリック。

mysqlの管理者権限のパスワードを決める欄と、
xamppにアクセスするためのIDとパスワードを決める欄がありますので順当に設定していきましょう。
チェックボックスがあるけどなんのことだかサッパリでした。
まあチェックを付けてもつけなくてもいいんじゃないかな。

設定しましたか?
貴方の可愛いxamppちゃんとmysqlちゃんは真っ裸から
肌ぶかぶかタートルネックセーターにランクアップしました!
白い太ももやセーター越しのおっぱいは後で各々堪能するとよいでしょう。よかったね。

設定したあとは再起動したほうがよさそうなのでコントロールパネルのstopを押して、
またstartさせればOKです。思う存分お楽しみ下さい!

今回の記事はこれで終わります。
wordpressをインストールして動かしてみるのはまた次回にまとめようと思います。
それでは!

(;・3・)oO0(あれもしかして本業っぽくね?これでモテモテ間違いなしだな。)